【古酒との対話】

時への礼賛。
古酒との対話。

ブドウが出来てから商品が出来上がるまでに十年以上、それからさらに三十年以上…。
どの様な道を歩んで来たかは分からないけれど、今ここで花開く為に生まれてきたのだろう。

抜栓してから、グラスの中でも目まぐるしく変化し続け、色々な顔を見せてくれる。そして誰も真似できない様な官能世界を表現し続け、決してへたる事は無い。

三者三様、違う輝き…。

その中でもCristal83は、色々な要因が絡み合い、ギリギリの所で眩しい程の輝きを見せてくれました。
まさに、今この瞬間を待ちわびてたかの様に。

偉大なシャンパーニュ達に語られ、Powerを貰い、心が少しだけ軽くなった気がします。

先のことは分からないけれど、未来は自分で作ろう!
そして、私もいつか必ず、誰かを感動できる様な人間になる。
全てのご縁に心より感謝

・Louis Roederer Cristal 1983
・Perrier Jouet Belle Epoque 1982
・Bollinger R.D. 1981

12105728_795833283862411_7780108445387869500_n (1) 12143273_795833463862393_3511969257982688161_n12096167_795833350529071_1692681757244739650_n

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA