【一時間多く眠れる日=フランスのサマータイム~初めてのシャンパーニュVISIT⑥・季節行事編】

【フランスのサマータイムについて】

シャンパーニュでは、年に一度、

”一時間多く眠れる日”

があります。

 

前日、

たとえ少し夜更かししてしまっても、

いつもより飲みすぎてしまっても、

 

その日だけは、一時間寝坊してもOKなのです。

 

 

いつ?

この特別な日は、毎年10月最終週の日曜日と決められています。

 

誰もが眠る前に、時計の針を一時間戻して眠りにつけばよいのです。

*スマートフォンやパソコンなどは自動で戻ります。

 

フランスでは、毎年10月最終週の日曜日、

深夜3時になった瞬間に深夜2時へと時計の針が戻ります。

 

 

何を意味するの?

これは、何を意味するかというと、

現在、EU全加盟国が導入しているサマータイム(夏時間)の終了を意味します。

 

 

サマータイムとは?

フランスを含むヨーロッパ全域では、夏の太陽を有効活用するために、サマータイム(夏時間)を導入しています。

 

サマータイムの期間中、通常の時間よりも一時間前進め、

サマータイムが終わると一時間遅らせ、元に戻します。

 

この間、通常は8時間の時差があるフランスと日本ですが、時差7時間となります。

 

*時差が切り替わる時期=3月最終週の日曜、10月最終週の日曜
 3月最終週の日曜日(深夜2時になった瞬間に深夜3時へ)、時計の針を一時間進め、10月最終週の日曜日(深夜3時になった瞬間に深夜2時へ)、時計の針を一時間元に戻します。



ERI
あなたをもっと”豊か”にしてくれる”シャンパーニュ”との出会いはメールレッスンから🥂

 

 

メリット、デメリット、将来のお話

実はこのサマータイム、将来的に廃止される方向で動いています。

このニュースが飛び込んできたのは、2018年9月。

 

理由は、

 

メリット

・省エネ

・経済効果

 

デメリット

・時差調整による健康面(心身ともに)での負担

・デジタル調整による損失

・思ったより省エネ効果が少ない

・交通事故、混乱が多い

 

などとされていますが、

インターネットによる投票によると、84%の人がサマータイムに反対だと答えたことも大きいようです。

 

勝手にスマホ時計が変更になるので、気づかなかった!

なんて言う強者もいれば、

1時間の時差でも、年に2回時差ボケを体感しており、体がつらい。

とメリットよりもデメリットが多いと答えている人が多いです。

 

現在、廃止決定は2021年以降に先送りすることでまとまっています。

 

 

心理士からの”心”に効くポイント

今夜は一時間余計に眠れる!

ラッキー!!

 

と思うか、

 

また暗くて寒くて雨の多い冬がやってくる…。

と思うかは人それぞれです。

 

 

どちらにせよ、もうしばらくサマータイム制度は続きます。

 

サマータイムについてはいろいろな意見がありますが、

 

その中で生きていかなければならないうちは、

楽しんだ方がずっと良い❕

と、私は思います。

 

ただ、

時差調整が苦手な方、時差ぼけになりやすい人は実際にいらっしゃいます。

 

不安な方は、時差が切り替わる時期を避けて旅行計画を立てましょう。
   

 

最後に、

この時期にご旅行をお考えの皆様、

約束の時間や電車の時間に十分注意してくださいね。

 

 

 
 
 
 

それではBon voyage✈️

どうか素敵な、シャンパーニュの旅になりますように✨

 

 
 
 

 

*このメールレッスンは全文が著作権法によって保護されています。



Concierge ERI
あなたをもっと”豊か”にしてくれる”シャンパーニュ”との出会いはメールレッスンから🥂

Copyright © GRANDE CUVEE All Right Reserved.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA