【幸せになれる嘘】

ポワソンダブリルとは

(メールレッスンより)

明日から、4月!!

新年度がスタートします。

 

 

突然ですが、皆さんは明日4月1日、“嘘”をつきますか?

 

 

規模は違いますが、世界中で親しまれている
エイプリルフール。

今日は、一足先にフランスの可愛い
そして美味しい習慣をお伝えしようと思います。

 

Poisson d’Avril (ポワソンダブリル)

フランスではエイプリルフールのことを
Poisson d’Avril (ポワソンダブリル)と言います。

フランス語で、Poissonは魚、Avrilは四月という意味で、そのまま「4月の魚」という意味となります。

 

 

アバター  魚 海

 

その日に怪しい噂はもとより、ニュース、記事などをまず疑うのは常識だそうで…、

ラジオやテレビで流れる色々な情報が、どれが本当でどれが嘘か分からなくなるそうです。

 

また、パリの交通機関がこの日にメトロの13駅の名前を、こっそり変えたのも記憶に新しいです。

 

 

このあたりは日本とはだいぶ事情が違いますね。

 

とはいえ”嘘”を楽しむ文化は、規模の大きさはあっても、世界中でそんなに変わらないと思います。

 

 

 

フランスならではの習慣としては、

魚にちなんだ可愛いいたずらでしょうか。

 

子供たちが魚の絵を描いたもの、魚の形に切り取ったものを、仲間の背中にこっそり張り付けて楽しむのです。

 

また、町中のパン屋さんやお菓子屋さんでは魚をかたどったパイやケーキ、チョコレートなどのスイーツがいっぱい登場します。

 

ポワソンダブリル

 

どうして魚???

 

諸説あるのですが、

・キリスト教の肉断ちにあたるので、代わりに魚を贈る人が多かった。(4/1が新年の始まりとされていた時代、贈り物⦅食べ物⦆を交換し合う習慣があった)

・サバのことを指し、あまり利口ではなく4月になると簡単に釣れる。

・太陽が魚座(3月)から離れるので、4月の魚=嘘。

 

ただこれらは言い伝えで、はっきりとは分かっていません。

 

 

基本的に嘘はいけません。

でも、年に一度くらい、誰かを笑顔にする嘘ならついても良いのかもしれませんね。

 

アバター  笑顔 猫

 

明日が待ち遠しいあなたも、
この日曜日が永遠に続けばよいと思っているあなたも、

 

新年度は笑顔でスタート!!

 

明日は、可愛いウソと、美味しい魚と、シャンパーニュと共に過ごすのはいかがでしょうか?

 

全ての皆様にとって、楽しいPoisson d’Avril となりますように。

 

 

最後に、私は来月から暫くシャンパーニュで過ごします。

 

恒例のシャンパーニュに関する質問を大募集します。いまさら聞けない…なんて思わずに是非お気軽にお問い合わせ下さい。

 

また、GRANDE CUVEEシャンパーニュセレクトショップは、私がフランスにいる間も通常通り営業させて頂きます。

シャンパーニュのご相談、ご注文、引き続きお待ちしています。

 

それでは、%LAST_NAME%さんの新年度が笑顔にあふれるものになることを祈って…。

à votre santé(乾杯)!!

 

新年度もGRANDE CUVEEシャンパーニュセレクトショップをどうぞよろしくお願い致します。

 

 

関連記事

*シャンパーニュは日曜日が毎日続くかのような気分にさせてくれる↓↓↓↓

 

 

*このメールレッスンは全文が著作権法によって保護されています。



ERI
あなたをもっと”豊か”にしてくれる”シャンパーニュ”との出会いはメールレッスンから🥂

Copyright © GRANDE CUVEE All Right Reserved.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA