【Boizel(ボワゼル)】 

【シャンパーニュ・ボワゼル】   

概要

1834年創業。

キーワード :   直感、バランス
        ヒッチコックが愛したシャンパーニュ。

オーギュストが妻のジュリーと共に会社を創立。2人ともシャンパーニュ地方の旧家出身。エペルネの中心サン・レミ通りに拠点を設け、そのキュヴェの大部分を輸出するようになる。

1865年、息子のエドゥアールが白亜質のベルノン山を掘ってカーヴを造り、その上に醸造所と自宅を建設。彼は本物のブリュットを手がけ、グラン・ミレジムをつくり、そのうちの何本かは現在もカーヴの奥深く「宝物」と名付けられた場所に眠っている。

1887年、1627年創業のロンドンの大企業ヘッジ&バドラー社と独占契約を交わす。これは2家族1世紀にわたる協力案系の始まりで、1989年にヘッジ&バドラー社が消滅するまで続いた。

1920年、ジュールが父の後を継ぎ、海外との取引をオーストラリアにまで広げる。また、彼は当時としては珍しいブラン・ド・ブランを製造。

1945年、戦後ルネが会社を継ぎ、試練の時代を迎える。

1972年、ルネと息子のエリックが悲劇的な最後を迎えた後、エリカが会社を継ぐ。この時、娘のエヴリーヌと娘婿のクリストフも経営に加わった。

1984年、5代目エヴリーヌが社長となり、消費者への直接販売を始め、1997年にはHPもオープン。様々な方法を使って、高い品質を持つ豊かなキュヴェを発見してもらえるようにした。

1994年、エヴリーヌとフィリップは友人のブルーノパイヤールとフィリップ・バイジョが創立したグループに参加することを決めた。このグループは「ボワゼル・シャノワール・シャンパーニュ(BCCグループ)」と名乗り、ボワゼル家の精神を守りながら急速に発展している。

ブドウは約50の村から購入しており、その大部分はGC・PC。

11月末から2月までの2週間ごとに、スティルワインを試飲して、それぞれの特徴を明らかにし、その個性が一番発揮できるようなブレンドを考える。ブレンドをするための大試飲会は2~3月に行われる。NVには、選ばれたワイン(30種類まで)と過去の収穫2回分のヴァン・ド・レゼルヴを候補とする。VTは良い年のみに造られ、そのうちのごく一部は小樽で熟成する。

Epernay NM  46 Avenue de Champagne, 5200 Epernay    +33326552151
www.boizel.com

 

 


ERI
あなたをもっと”豊か”にしてくれる”シャンパーニュ”との出会いはメールレッスンから🥂

(↑ エヴリーヌ女史と、メゾンの新しいテイスティングサロンで)

 

Cuvee


Brut Reserve
PN55 M15 Ch30   
ドザージュ 8  最低3年熟成   30%リザーヴワイン(last 2 harvest)

Rose
PN50(8% red wine) M30 Ch20
red wine(best terroirs of PN)=Cumieres and Les Riceys
ドザージュ 8  最低3年熟成   20%リザーヴワイン  

Grand Vintage 2004
PN40  M10  Ch50
ドザージュ 6  最低7-10年熟成

 

Blanc de Blancs
Ch100  
ドザージュ 8  最低4年熟成   40%リザーヴワイン

Blanc de Noirs
PN100 
ドザージュ 8  最低3年熟成   30%リザーヴワイン

Ultime
PN50 M13 Ch37    良く熟した特別な年のみ製造
ドザージュ 0  最低6~8年熟成  40%リザーヴワイン

Tendre Reserve
PN50  M25 Ch25
ドザージュ 35(demi-sec)

Cuvee Sous-Bois 2000
PN50  M10  Ch40 
ドザージュ 5       

伝統シャンパーニュへの回帰をコンセプトに、20世紀初頭からの伝統である205リットルの古樽(シャンパーニュorブルゴーニュ産)で醸造。 *Sous Bois=樽を使っての醸造

Joyau de France 2000   ファーストは1961 
PN65(10%樽) Ch35
ドザージュ 7  最低12年熟成  

*ジョワイヨ=宝石

Joyau de France Rose 2004
PN 64(10% red wine)  Ch36
ドザージュ 5   最低8~10年熟成

 

Joyau de France Blanc de Blancs 2007 
Ch 100

 

心理士からの心に効くポイント

シャンパーニュにはいくつかの仕事がある、ことをエヴリーヌ女史は知っていました。

ひとつは、ブドウを育てること。
ひとつは、ワインを造ること。
そしてその先に、高品質なワインを知ってもらうという作業があることも。

中には万能な方もいるかもしれません。

しかし、各分野のプロフェッショナルが力を合わせた時、想像以上の化学反応が起き、そこに感動が産まれることを私は知っています。

だからこそ、一人でどうしようもない時、限界を感じた時、未来が見えなくなった時、
自分にしか出来ないことをただひたすら磨きあげようと思えます。

いつも完璧でなくても大丈夫。

いつか小さな自分の力が、誰かの感動に繋がるかもしれない、
そう思うと、今より少し前を向いていられるかもしれません。

そんな人々の小さな努力が重なった時、大きな感動が産まれるのだと確信しています。

 

関連記事

訪問記2017.5↓↓↓↓