「幸運を呼ぶ縁起もの」

「幸運を呼ぶ縁起もの」

(メールレッスンより)

 

5月!! Mai

 

皆様のいらっしゃる場所は、今どんな季節でしょうか?

私のいるフランス、シャンパーニュ地方は、本当に美しい季節。

菜の花の黄色と新緑のコントラストが美しく、 さわやかな風も肌に心地よく、

初夏の香りも感じられます。

 

さて、今日は

幸せを呼ぶ縁起もの

をお届けしたいと思います。

 

 

すずらん 一輪

 

愛する人にミュゲを…。

フランスには、5月1日にすずらん(mugerミュゲ)を愛する人に贈るという習慣があります。

鈴なりの花がつくこの植物は、春のシンボルであり、遥か昔から幸せを呼ぶものと考えられていました。

 

そして、すずらんを贈られた人には幸運が訪れるという縁起ものです。

 

マダムChat
いつからスズランが贈られるようになったの?

愛する人やパートナーに花束を送るようになったのは1500年代と言われます。

「すずらん」は幸せをもたらす花 として皇族に献上されました。

 

当時の王様が、その幸せをみんなに「おすそ分け」したのだそうです。

 

その名残りが今でも残っているのでしょう。

 

とても素敵な話ですよね。

 

 

幸せの環

幸せを感じた時に、そばにいる誰かに「おすそ分け」して、

またその誰かが愛する人に届けて、

そうやって、幸せの波動が広がっていけば素敵だな、

 

そして、

 

シャンパーニュを通してもっともっと笑顔の輪を広げていきたい、

私は5月1日ににすずらんを頂くたびに改めてそう思います。

 

 

どうかメルマガを読んでくださっている皆様にも、シャンパーニュによって沢山の幸運が訪れますように✨

 

5月もGRANDE CUVEEシャンパーニュセレクトショップをどうぞよろしくお願いいたします🥂

 

*このメールレッスンは全文が著作権法によって保護されています。

 


ERI
あなたをもっと”豊か”にしてくれる”シャンパーニュ”との出会いはメールレッスンから🥂

Copyright © GRANDE CUVEE All Right Reserved.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA