【Veuve Clicquot ヴーヴ・クリコ 2017.5】

【シャンパーニュ・ ヴーヴ・クリコ VISIT】

イエローラベルでおなじみのメゾン。

センスの良いマーケティングで人気も高く、日本でも飲む機会の多いシャンパーニュの一つだと思います。

イエローラベル以外のキュヴェをご存じない方も多いですが、その他にもバラエティ豊かな沢山のキュヴェをリリースしており、中でも私はカーヴプリヴェと呼ばれるシリーズがお気に入りです。。

特にカーヴプリヴェ・ロゼは素晴らしい🌹

出国前のシャンパーニュ会でも、1979年のカーヴプリヴェ・ロゼを頂いて来たのですが、そのキュヴェが呼んでくれたのでしょうか?
こちらでは1990年の蔵出しカーヴプリヴェ・ロゼを頂きました。

完璧な天気の朝、メゾンまでドライブ。
今日は有り難いことにドライバー付きなので、心ゆくまで試飲が楽しめます。

まずは美しいメゾン、そして広々として厳かな地下カーヴを案内して頂きました。

ここはローマ人が掘ったチョーク層の回廊を、ワイン貯蔵庫として使用するメゾンのひとつ。
カーヴだけでも一見の価値があります。

そして、訪問者がヴーヴクリコの歴史を感じられるよう、展示物も楽しく、充実しています。

さて、日本でも有名なこのシャンパーニュ。
一体いつ日本にやって来たかご存じですか?

実は1869年、100年以上も前に輸出されていたそうです。
その当時のお手紙もメゾンに残っていました。

改めて、メゾンの歴史について興味深いお話を伺ったあとは、
地上に上がって素敵なお部屋でティスティングタイム。

今回は
2008 Vintage
1990 Cave Privee Rose
を頂きました。

2008は2004に続くヴィンテージ。
2006年に最高醸造責任者に就任したドミニク・マルヴィ氏による初のヴィンテージです。
このキュヴェは、新たな試みとして、5%樽を使用して造られました。
メゾンが樽を使用するのは、1960年代以来のことだそうです。

より豊かさを増したヴィンテージシャンパーニュを頂きながら、新しいチャレンジを始め、進化し続けるメゾンの将来が楽しみだと思いました。

そして、大好きなカーヴプリヴェ・ロゼ🌹
ビック・ヴィンテージの1990はまだまだ若々しく、それでいて美しい熟成香を内包したエレガントなシャンパーニュでした。

久しぶりの訪問でしたが、新たな発見が沢山あり、お陰様で充実した時間を過ごすことができました。

今日も心よりご縁に感謝✨

【Veuve Clicquot 2017.5】
This is a very popular Maison with a good sense of marketing.
Many people know about Yellow label, but you might unknown about another cuvee.
Actually, my favorite is Cave Privee Rose🌹
Please try it as so beaytiful.
Thank you so much all.

 

 


ERI
あなたをもっと”豊か”にしてくれる”シャンパーニュ”との出会いはメールレッスンから🥂

 

関連記事

Veuve Clicquot ヴーヴ・クリコについて↓↓↓↓

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA