【Veuve Clicquotの世界】

Veuve Clicquot
イエローラベルが有名で、誰もが知っているシャンパーニュ。

うちではスタンダードキュヴェの扱いはなく、Cave Priveeシリーズしか置いていない為、時々しか飲むことはないです。
が、今回は歴史を含めてその世界にどっぷり浸かってきました。

1772〜現在。
クリコ夫人は僅か27歳で未亡人になり、夫の仕事を継いで、素晴らしい業績を残したのは有名な話ですね。

やり手、賢い、力強い…、彼女はいつもどちらかというと偉大な、強いイメージと共に語られることが多いです。

でも、私が彼女のシャンパーニュを飲んで一貫して感じるのは、”大人しさ”、”静かさ” なのです。

力強いようで、儚く、主張しているようで実はとても大人しい。
アッタクの酸の強さで分かりづらいかもしれませんが、どのキュヴェを飲んでも、アフターにくっきりとその性格が残ります。

「偉大なる」と讃えられた彼女は、きっととても繊細で優しくて、強さの裏側にとても脆いモノを抱えていたのでしょう。

古酒を頂くと、まるで時を飲んでいるような、決して知らないはずの生まれる前の時代を垣間見ているような、不思議で尊い感覚に陥ります。
そして、歳上のワインがまだまだ若々しさを保ち、魅力タップリなのを見せつけられて、なんだか背筋が伸びますね😊

いつも貴重な勉強の機会を与えて下さる皆様、そしてご一緒して下さった全国のシャンパーニュ仲間に心より感謝❤️

1. NV Yellow Label (Mg)
2. Grande Dame Rose 2004
3. Cave Privee 1989
4. Trilennium Reserved Cuvée 1989
5. Cave Privee Rose 1989
6. Grande Dame 1989
7. Grande Dame 1985
8. NV old
9. Grande Dame 1979
10. Royal Celebration Cuvée 1975
11. Rose 1973 (Mg)

11921654_775038045941935_5927879518633828991_n 11933411_775038285941911_4151858435148745443_n

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA